2010年 02月 11日

ゴールデンスランバー

堺雅人が仙台の街を逃げまくります。ワケがわからないまま逃げる主人公に、のめり込んでしまいます。

演者陣がいいですね〜。
劇団ひとりはちょっと微妙ですけども。オーバーアクトに感じます。永島敏之が屈強の男を演じているんですが、「こんなにデカい人だっけ?」って思いました。CGかな?竹内結子はキレイです。前歯2本がやたら長く見えました。香川照之は、イヤなヤツをやらせたら、うまい〜。TKO木下がワイドショーのディレクター役で出ています。東京弁です。滝藤賢一って「クライマーズハイ」で堺雅人と一緒に墜落現場に同行するカメラマンの人なんですが、意外なところで出てきます。


なんで?と思うところや(ラーメンに睡眠薬入ってる必要性?相武紗季はかわいい。貫地谷しほりのタイプ3がカッコ良すぎ
)、ありえない箇所(何年も放置していた車がバッテリー交換したくらいで走れるようにはなりません)はいろいろあるものの、そこは「映画」。

でもって「謎」の部分は、見てる人には「じわっ」っとわかるんですが、当人は「なんで、オレが濡れ衣かぶらにゃイカンの!?誰がしかけた!?誰のせい!?」とずっと思ってたでしょう。

白黒スパッっと決まらないと嫌だって人は、イライラするかも知れません。
私は、今年、暫定1位。(アバターとコレしかみてないじゃないか…)
[PR]

by markyworks | 2010-02-11 10:27 | エンタメ | Comments(0)


<< バレンタインデー      Nouvelle Chinoi... >>