2010年 11月 17日

アイルトン・セナ〜音速の彼方へ

そこまでF1ファンでもないし、セナ信者でもないのですが、(この時代ではマンセルが好きだ)来ないと思っていた映画が、近くに来てるんですから、見とかないと。

セナがカート留学してるところから始まります。
プロストとの確執ってのは、セナがF1で出だしたころから、あったみたい。
’84モナコGPでガンガン追い上げて来るセナ、「雨が強い」と、レース短縮をアピールしつづけるプロスト。
先にゴールラインを越えたのは…

昭和シェル石油のセナプロが握手するCMや、
辛辣なコトを聞くインタビュー、けっこう直球な、お互いの批判コメントの映像。
そんなのよく押さえてたなって思える、ドラミでの混乱。セナ怒って退室とか。
’89のシケインでのセナプロ接触事件。
’90のスタート直後の1コーナーセナプロ接触事件。

そして、今ではもうTVでみることも無くなった、運命の’94サンマリノGP

それに至るまでの、レースウィーク中のセナをカメラは捕らえていました。
暗く、覇気の無い表情は、これから起こることを知っていたかのようにも見えます。

日本のTVが当時言ってたような、貴公子ではなく、とても繊細な人だったようです。人間くさい。



映像も荒く、白いバックに白字幕で読みづらいシーンも多々あります。
だけどそれを補って余りある、緊迫感は、よかったです。

自宅TVでF1中継見ててあまり思わないけど、スクリーンでクラッシュするところ見せられると、ひく。(うわ〜…って)

で当時は昔は全部がなんか危なっかしい。
オンボードカメラとか、すごい揺れる。
今のカメラはスタビライザーかなんかはいってるのかな?カメラ自体が軽くなって、揺れなくなったのか?マシンの性能も向上してるんでしょう。




ベネトンのTEAMやマシンがちょいちょい見切れてたけど「AUTO-POLIS」の文字がちらっちらっと…

パシフィックGPの映像も出てて、あれは岡山国際?だったのかな〜なんて。
[PR]

by markyworks | 2010-11-17 21:00 | エンタメ | Comments(6)
Commented by haya at 2010-11-18 10:49 x
熊本でも上映しているのですね!
見に行こうかな。

89年のセナプロ接触事件は、現場の鈴鹿にいました。
Commented by markyworks at 2010-11-18 12:06
hayaさん 見て下さい☆字幕みづらいですけど、がんばってみてください。
Commented by cafe_maya(d) at 2010-11-18 23:00 x
仕事の出張で福岡です(; ̄ェ ̄)

マンセル賛成!愚痴、悪口、喋ると最悪だけど最終コーナーからスピンしたまま三回転、メインストレートを抜け何事も無かった様に走り去る姿!

毛利元就なみのボヤキand土屋圭一のドリテク。最悪のコラボレーション(笑)

マンセル最高です。

あ、趣旨と違いますね、ゴメンなさい。
Commented by markyworks at 2010-11-19 00:37
cafe_mayaさん 出張お疲れさまです。マンセルのヘルメットのデザインが好きなんです。チョット前のバトンのメットもいいすね☆
Commented by おしり at 2010-11-19 14:48 x
どこで上映してるの?レイトショーはないのかなぁ...
Commented by markyworks at 2010-11-19 18:29
東宝シネマズ浜線です。レイトもあります。20:45だったかな…
今日は金曜なんで、時間が変わってるかも知れませんので。。。気をつけて。。。


<< 「ぬりかべ〜」      所さんのSNAKE MOTOR... >>