Marky works

markyworks.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 22日

探偵はBARにいる

大泉洋ちゃんに気づいたのは、「パパパパフィー」だったと思う。
もじゃもじゃ頭のガタガタの歯並びのひょろひょろ。

そんな洋ちゃんも、全国公開の映画の主役です。
「だるま屋ウィリー事件」なんていってる場合じゃない。

脇に小雪、松田龍平、西田敏行なんて豪華すぎ。。。

この松田龍平の役をホントは岡村さんに頼んでいたってのは、どこかで聞いた話。
信じるか信じないかはあなた次第byセキルバーグ

さて、いろんなところで、松田優作の「探偵物語」(角川じゃない方、チャンリンシャンじゃない方)と比べられてるようです。

あの世界をイメージさせるような、テイストはあります。BGMもどこか、ショーグンっぽいところも。。。
画面の色合いもフィルムで撮ってた頃のドラマの感じ。(「傷だらけの天使」とかあのころの感じ)

最近だと(ちっとも最近ぢゃないかもですが)「私立探偵浜マイク」もそんなつくりの回がありました。

皮のコートはアイコンなんでしょうが、冬の札幌ぢゃ〜耐えられないのではと想像するんだけど…

オンボロ光岡ビュートもいいんだけど、なんかもっとなかったのかなぁとも思いました。
かわいくて、古いくるま…
ミニだと、Mrビーンみたいだし、バンプラだと、豪華すぎてビンボー学生高田にはリアリティがないし。
そもそも、バンプラだと、水谷豊になっちゃう。
隠密行動が求められる探偵が乗る車はあまり個性的だとバレるか。。。

好きな映画でしたよ。

ですが、こうしたらいいんじゃないかを言わせてもらえば、キャストが豪華すぎる。

第一線メジャーアクターぢゃなくって、田口トモロヲが出てるんだからそのラインの人々がいい。
田中要次とか、遠藤憲一みたいな。
NACSの役者だと「あぁ大泉のバーターか」って思っちゃうからちょっと違うかな。

高嶋政伸がね〜最初のところは「ダレだ?」ってわかんなかった。その頃まではよかった。(わりとすぐ気づいちゃうんだけど)なんかやさしいイメージがあるから、ん〜。。。
「姉さん、事件です」「申〜し訳ございません」の印象が私はいまだに残って。

たびたび例えが古くて恐縮ですが「鮫肌男と桃尻女」の鶴見辰吾の怪演くらいぶっとんでてくれるといいんだけど…

この「探偵はBARにいる」の大泉洋は前半書いてるとおり工藤俊作にも、見えるし、ルパン三世にも見える。
そのあたりが好きな人には、ウケると思います。

続編が作られるって?

映画より深夜ワクのドラマがいいんじゃないかな〜。

「湯煙スナイパー」とか「時効警察」みたいな感じで。
で、2年後に映画。くらいがいい。

ところで、小樽〜札幌って、電車でそんなにかかるのかな?
バイクでは、こ1時間かからなかったって印象。

そういえば、大泉洋はニッカ、小雪はサントリーで、どっちもハイボールだなぁ。

小雪のあとのバーテンは管ちゃんだそうですね。いいじゃない♪
[PR]

by markyworks | 2011-09-22 02:22 | エンタメ | Comments(5)
Commented by ハンマー at 2011-09-22 08:22 x
バンデンプラスプリンセス=水谷豊 は笑ってしまいましたw
Commented by markyworks at 2011-09-22 09:54
ハンマーちゃん 懐かしいよね〜「事件記者チャボ」…違った?(爆)
Commented by ハンマー at 2011-09-22 14:56 x
最初のころは舘ひろしとか、ひろみGOとかでしたねぇ。
Commented by 武蔵 at 2011-09-22 15:30 x
昨夜・・・・
深夜枠の「水曜どうでしょう」がお亡くなりになられました・・・(最終回)

かなしかー、さびしかー
もうどうしていいやら・・・・・

あ!そうだ!カブを買おう!
そしてなまはげ載せよう!
Commented by markyworks at 2011-09-22 15:58
ハンマーちゃん 「噂の刑事トミーとマツ」ね。

武蔵ちゃん お亡くなりって(汗)「探偵はBARにいる」を見て下さい。
カブはリアルに最新インジェクションの110はそうとういいみたい。

なまはげ?なぐごはいねが!!
むさしちゃんはマルシンで1000kmね。


<< もういくつ寝ると      スーパーバイク・エクスペリエンス >>