2013年 02月 06日

東京家族

山田洋次監督「東京家族」
最初のシーンから、カット割りとセリフ回しになんだか違和感。
古い感じを現代に反映させたような作り。
それは、自然さを感じない。「映画」を見ました。
橋爪功や吉行和子はそれでいいのですが、夏川結衣の話すスピードじゃないし、カメラに向かって話すのも、「あぁこうやって撮ってるんだな」と撮影風景をイメージしてしまいます。

ストーリー全体としては、「ほぼ何も起きない」

一番ピークがよく予告でながれているあのシーンです。
そのシーンの余韻も非常に短く感じました。

そこ数秒のコトでしょうけども、「画変わり」が早かった。

さらにいうなら、そこで終わっても良かったんじゃ?とも思える。

あと重要なのは、1シーンくらいしかない。

いや、あの1シーンを効果的に。印象づける為に、撮られているのかな?

なんだかんだ、言いたい放題ですが、つまらない映画ではないです、すくなくとも私は。

でもまぁ、「生きていればそういうコトは誰にでもあるコト」です。

林家正藏のコネタが「イラッ」とくるひとはくるかも。。。
[PR]

by markyworks | 2013-02-06 20:37 | エンタメ | Comments(0)


<< R100RSでひとまわり。      最強のふたり >>