2007年 08月 15日

「北の国から」五郎の家

この旅のメインイベントの1つ。五郎の家に来ました。
d0092940_6231677.jpg

1991年五郎は畑から出た石で家の基礎と大きな風呂を完成させ、「足の伸ばせるフロだからー♪」丸太小屋建築の準備を進めていた。

ところが純がタマコを妊娠させてしまう。タマコの家に五郎と純は謝りに行く。
かぼちゃをリュックに詰めて。
名言「…謝っちゃお」

タマコの父は菅原文太。これまた名言「…誠意ってなにかね?…」

で、慰謝料を丸太を売って工面。
丸太を売ったことで石を使って家を造ることを思いつく。
そのとき五郎が歌ったのが長渕剛の「西新宿の親父の唄」「やるならいましかねー♪」
d0092940_6262048.jpg


五郎さんの最初の家もある。
d0092940_6245368.jpg

1981年秋。五郎は純と蛍を連れそれまで暮らしていた東京を離れ生まれ故郷の麓郷(ろくごう)に帰ってくる。廃屋同然の実家を修理し生活をはじめる。
d0092940_6273172.jpg

五郎トラックも放置してあります。屋内に置いておかないと朽ちていく…
d0092940_6291740.jpg

[PR]

by markyworks | 2007-08-15 16:05 | 北海道LONG WAY LOUND | Comments(0)


<< 富良野から旭川へ      「子供がまだ食べてるでしょうが... >>