Marky works

markyworks.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 07日

キサラギ

やっと見ました。「キサラギ」
ここからまたヤフー→自殺したアイドルの1周忌に集まった5人の男が、彼女の死の真相について壮絶な推理バトルを展開する密室会話劇。小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、ドランクドラゴンの塚地武雅、香川照之という人気、実力を兼ね備えた5人が繰り広げるハイテンションな会話劇から目が離せない。

売れないグラビアアイドル如月ミキが自殺して1年、彼女のファンサイトの常連である5人の男が追悼会に集まる。家元(小栗旬)、オダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア)、スネーク(小出恵介)ら5人は、思い出話で大いに盛り上がるはずだったが、「彼女は殺された」という言葉を引き金に、事態は思わぬ展開を見せ始め……。 ←ココまで。

エンドロールには出てなかったけど、これには元ネタがあって「自殺への契約書(原題MARIE OCTOBRE/SECRET MEETING)1958年作品」って映画のリメイクみたいよ。元ネタの方は全然笑えないシリアスは話。

ってホワイエ園村さんに聞きました。

でね、まーおもしろかったんだけど聞いてた前評判が良すぎて…

小栗旬&小出恵介はちょっと「薄い」いい男なんだけど個性に欠ける。
香川照之・ユースケ・塚ちゃんが濃すぎるのかもだけど…薄い…時間経過がはぼ実時間
&部屋から全く出ない。からちょっと息苦しい。舞台見てるみたい。

ここからネタバレ注意。

死んだアイドルは顔出さない方がよかった。

あとね「シネ○ラダイス」こんな音だったか?こんな暗かったか?
最近シネコンばっかりだったから、小規模映画館久々だったけど…高音が出てないつーかモコモコした音だった…音量自体ももうすこし「アゲ」て。

気のせいか?…てか気になった…
[PR]

by markyworks | 2007-09-07 19:38 | エンタメ | Comments(2)
Commented by bojackson34 at 2007-09-08 01:40
ライムスターの宇多丸がこの映画のことラジオでボロクソに言ってたよ。とくに小栗旬のこと。でアイドルの顔はださないか、もしくは超大物をつかえって!同じ事いってたよ。タラティーノ&ロバートロドリゲスの新作は熊本では公開すんのかい?見て~。
Commented by markyworks at 2007-09-08 09:46
グラインドハウスってもともとオムニバス形式(この表現も懐かしい…)なのを国内ではバラして公開しています。

タランティーノのデス・プルーフinグラインドハウスは光の森だけでやってます。

16:05 19:00 21:40 早く見ないとすぐ終わりそう…今日仕事終わるの早かったら行こうかな〜
「スキヤキ・ジャンゴ」も面白そう♪

プラネットテラーの予告見たから上映するとは思うよ。


<< ブラインドハウス/デスプルーフ      クローズド・ノート >>