2007年 09月 19日

パンズ・ラビリンス

1944年のスペイン内戦で父を亡くし、独裁主義の恐ろしい大尉と再婚してしまった母と暮らすオフェリア(イバナ・バケロ)は、この恐ろしい義父から逃れたいと願うばかり自分の中に新しい世界を創り出す。オフェリアが屋敷の近くに不思議な迷宮を見つけ出して足を踏み入れると、迷宮の守護神が現われ彼女に危険な試練を与える。

こーれはねー「暗い」です…グロいですし…でも、ファンタジー。

かわいそうです。痛そうです。は〜かわいそう…
[PR]

by markyworks | 2007-09-19 00:34 | エンタメ | Comments(2)
Commented by ユキ at 2007-09-28 21:20 x
これ、観に行かんかったとよね~・・・観たかったんだけど。
暗めの話だったのね。スペインだよね、確か。
ヨーロッパのファンタジーは、結構暗いよね~。
アメリの監督の、ロスト・チルドレンとかもそうだし。
始まったら観に行こうかな~。

ところで、下に出てくる屋根のある橋って、どのへん?
Commented by markyworks at 2007-10-03 00:54
ユキさん あーこの映画みっちゃんは好きかも。
橋だろ〜説明難しいなぁ…高森の月回り公園前をずーと行ってなんとかして竹田方面に行く途中なんだなぁ…


<< PIRELLI FUN TRA...      PIRELLI FUN TR... >>