2007年 10月 04日

椿三十郎

ごぞんじ、黒澤明の名作リメイク。
椿三十郎を織田裕二がやってます。ライバル?の室戸半兵衛に豊川悦司。不正を暴く若侍が松山ケンイチ。

話の冒頭からテンポよく進み方がこ気味いい、中だるみなし、「椿」の次の一手が「どうする」って気分にさせる。キレのいい椿に対して若侍達がことごとく「とんま」椿の足を引っ張ります。

若侍達が虜にした敵の侍を佐々木蔵之介がやってるんですが、必ず会場爆笑。出てくるたびに笑わせる。鉄板でした。

織田裕二はかなり三船敏郎意識してるっぽかった。(あ、でも黒澤・椿三十郎はみたことないです…)

これ期待して映画館いっていいですよ。ま、スクリーンで見らなにゃんかって聞かれると…

あ、もういっこよかったポイント。映画とぜんぜん関係ない曲(音楽)が全く流れなかったところがヒジョーによかった。
[PR]

by markyworks | 2007-10-04 23:00 | エンタメ | Comments(0)


<< サーキットを2カ所はしご      Asperege   アスペルジュ >>