2007年 11月 21日

Little DJ 小さな恋の物語

FMラジオ局のディレクターであるたまき(広末涼子)は、深夜の担当番組の打ち切りが決定し落ち込んでいた。そんなとき、彼女は自分にラジオの楽しさを教えてくれた少年太郎(神木隆之介)のことを思い出す。1977年、函館の病院に交通事故で入院した13歳のたまき(福田麻由子)は、1つ年下の太郎と出会い意気投合するが……。

(神木隆之介くん)太郎くん入院中の病院で昼の院内放送をするようになります。
病院のなかで友達ができたり、変なおっさんに人生を説かれたり、しています。

思春期真っ盛りの太郎くん。入院してる女の子を好きになったりもします。
だけど。。。悲しい物語なんだな。

まくらもとにラジオ持ってきてイヤホンで聞いたり、小さな音で聞いてる中学生。自分も同じようにして聞いていたな〜。

ラスト近くで「録音じゃ、聞いてる人の顔が見えないんですよね」ってDJ役の小林克也が言う。
わし…生放送の番組…今、ないな…
[PR]

by markyworks | 2007-11-21 00:52 | エンタメ | Comments(2)
Commented by bojackson34 at 2007-11-21 06:58
今までで一番好きだったラジオ番組は?萌えサタ!は抜きで。
Commented by markyworks at 2007-11-21 09:18
萌えサタ×燃えサタ○
好きな番組…?そーねー…ナイナイのオールナイトは、聴きよるねぇ。


<< ツノ -レストラン&カフェ-      丹後ちりめん創菓 がちゃまん >>