Marky works

markyworks.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 11日

歓喜の歌

あらすじ: 文化会館で働く飯塚主任(小林薫)は、似た名前の2つのコーラスグループを聞き違え、大晦日のコンサートホールをダブルブッキングしてしまう。双方に掛け合うものの、どちらも一歩も譲らず大問題に発展。“事なかれ主義”で生きてきた飯塚だったが、2つのグループの板ばさみとなってしまい途方に暮れる。(シネマトゥデイ)

安田成美は今でもキレイです。首が長い。首が長い女性好き。
小林薫の髪質が堅そうだったな…ちびノリダーが、常識人を演じています。
ちびノリダーはだいたいこういう役が多い。

で、この話もともと、立川志の輔の創作落語だそうで、志の輔さんもちょっと出ています。山瀬まみは出ていません。ガッテンしてません。

立川談志も出ています。寺の住職役です。

町の文化会館で、ときどきやってる発表会。

身内がでてなきゃいくこともありませんけど、こーいうことが日々起きてるんでしょうね〜。

NHKのドラマ見てるみたいな気になりました。この映画、もしも三谷幸喜が監督やったら…やりすぎるんだろうな…
[PR]

by markyworks | 2007-12-11 23:55 | エンタメ | Comments(0)


<< アイ・アム・レジェンド      KABハイパーフリーマーケット >>