Marky works

markyworks.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 17日

ガチ☆ボーイ

主人公の五十嵐良一は事故で頭を打って以来、眠るとその日にあったことを全て忘れてしまうという「高次脳機能障害」を負ってしまった青年。昨日のことも覚えていられない自分に対して五十嵐は生きる実感を失いつつある。ところが、そんな時に五十嵐はあるものと出会う…。それは、学生プロレス!
学生プロレスは本当のプロレスとは違い、コメディ要素が強く、むしろコントに近い一大エンターテインメントなのだ。そんな学生プロレスに五十嵐は強く惹きつけられ笑わせられ興奮させられ感動させられる。
そして、人生へのリベンジマッチ!とばかりにプロレス研究会の扉を叩く。プロレス研究会の部員はそんな五十嵐を歓迎し、いつまでたってもプロレスの段取りを覚えられない(部員達は五十嵐の記憶のことを知らないのだ)五十嵐にも根気良くプロレスを教えていく。ところが、デビュー戦で五十嵐はやはり途中で段取りを忘れ、それ以降ガチンコでプロレスをしてしまう。だが、そのガチンコっぷりが逆に観客に大ウケで、五十嵐が扮したマリリン仮面は一躍人気レスラーになっていく。何もかもうまくいくかに思えたその時、思わぬ事件が起こる…。

前半コメディー後半感動です。
どーにもなじまないのが、サエコの声。クローズドノートの時も思ったけど、「変な声」ま、いいか。

でも五十嵐みたいな人いたら、辛いだろうな〜。
告白のシーンがあるんんだけど〜まぁ〜切ない…

プロレス同好会のメンバーは、見たことない役者さんばっかりだったけど、良かったです。これからいろいろ出てくるかな〜。
[PR]

by markyworks | 2008-01-17 23:30 | エンタメ | Comments(0)


<< 犯人に告ぐ      おかず横丁 >>