2008年 05月 21日

クライマーズ・ハイ

解説: 1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄(ほんろう)される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。実際に記者として日航機墜落の取材をした作家・横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説を、映画『金融腐蝕列島 [呪縛]』の原田眞人監督が映像化した。地元新聞社の熱血漢デスクを『ALWAYS 三丁目の夕日』の堤真一が演じたほか、『殯(もがり)の森』の尾野真千子ら実力派が集結。感情が激しく交わる濃密な1週間の人間ドラマに圧倒される。(シネマトゥデイ)

あらすじ: 1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社に入る。編集部で全権デスクに任命された悠木和雅(堤真一)は記者として扱う一大ニュースに対する興奮を禁じえないが、中央紙とのスクープ合戦や組織や家族との衝突を経て、命の重さに対しわき上がる使命感を覚える。(シネマトゥデイ)

全然期待しないでみました。K師範代は「そうとう良いはず。」と言ってましたが、「へー、そうなんすかぁ」ぐらいで、居りました。

で。

すーごい、引き込まれました。

事故現場の惨劇、それを伝える新聞記者、社に残って、とりまとめるデスク、事なかれ主義の上層部、わけのわからんワンマン社長、スクープの取り合い、社内での駆け引き、遺族の悲しみ、報道のジレンマ。。。

走ってます。全力で。新聞を作って、読んでもらうってことに全力疾走です。

ほぼ事実に近い話だそうで、ずっしり、濃厚な映画です。
登山のシーンも、これは俳優も実際登って撮ったんでしょう。リアルです。

1985年8月12日、この次の日、私は生まれて初めて、一人飛行機に乗って、東京羽田空港に行ったことを覚えています。
両親は「前の日事故があったから、今日はいつもより念入りに整備してる」と私を送り出してくれました。

23年前の出来事。
[PR]

by markyworks | 2008-05-21 00:47 | エンタメ | Comments(4)
Commented by きのつま at 2008-05-22 01:21 x
小説はだいぶ前に読んだけど、映画…観てみようかな。その前にもう一度本を読み返してみよっと。木村カエラ情報を教えてね! なほが好きみたいなので!
Commented by markyworks at 2008-05-22 08:43
きのつまさん 本、賞たくさんとってますよね。
カエラちゃんはライブがあります♪
★6/5(木)福岡サンパレス
★6/6(金) 鹿児島市民文化ホールです。
熊本は今回…ナイですね…
 
Commented by きのつま at 2008-05-27 19:31 x
木村カエラのおすすめCDを教えてください。なほより
Commented by markyworks at 2008-05-28 02:07
きのつまさん&なほちゃん 
1stのLebel42とかリルハリルラ好きです。(古い…)
7月にベストDVDが出ますよ♪


<< 全日本ロードレース選手権第3戦...      鹿児島〜黒豚とんかつ〜白クマ >>