Marky works

markyworks.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 19日

シャガール展

県立美術館行ってきました。昨日からはじまってます。

同じ時期の画、同じ物語の挿絵でも画のタッチがガラッっと変わります。

最初の奥さんとの結婚がうれしかったのでしょう、数枚結婚した当時の画があります。数年経ったあとでもそんなテーマの画を描いています。

ユダヤ劇場の壁画が、数点あります。その劇場と同じように、配置されています。あたかも自分がその劇場に入ったように、その空間に立って観ることが出来ます。

物語や聖書の中の話のために描いた挿絵も多くあったんですが、それ以外の画も、物語のワンシーンを切り取ったような画です。あたかも前後にストーリーが想像されるようです。

毎回言うことですが、見に行く方はゼヒ、レシーバーを借りて解説聴きながら観るのをおすすめします。
[PR]

by markyworks | 2008-07-19 17:02 | エンタメ | Comments(0)


<< 崖の上のポニョ      モンテーニュ通りのカフェ >>