2008年 12月 19日

地球が静止する日

キアヌ・リーブスが、宇宙人で、地球を救う為にやってきます。
これから楽しみにされてる方は、この先読まないでください。






う〜ん、なにがいけなかったんだろう…
宇宙人モノってもう出尽くしたんでしょうか…?
現代人はVFXでは感動しないんでしょうか…?
ストーリーに意外性やどんでん返しもなく〜…
メッセージは伝わるんです。これは地球人に向けた「なぐごはいねが〜」のなまはげ状態。
環境のこと考えないと、バチがあたるよってこといいたいんでしょうけど…

はぁ…、予告観たときからうしうし…(じゃなかった年賀状がめのまえにあったので)うすうす思っていたんですよね。「予告編で出し切っちゃったタイプ」じゃないかなって…


「ワールド・オブライズ」リドリー・スコットに期待!!
[PR]

by markyworks | 2008-12-19 20:56 | エンタメ | Comments(0)


<< ワールド・オブ・ライズ      喜臨門 >>