Marky works

markyworks.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 22日

ウォーリー

飛行機の中で観ました。日本でも公開になりましたね〜。

700年間ひとりぼっちのロボット「ウォーリー」荒廃した地球のような星でただ時間だけが過ぎていっています。そんなある日、ピカピカのロボット「イヴ」が現れて。。。

予告では、ウォーリーとイヴが登場しますが…ここから、ややネタバレ。これからの方はご注意。





地球を逃れ、宇宙に生活の場を得た未来の地球人が登場します。彼らの生活は統一価値観&安穏とした楽ちん生活。自走式のクルマに一人一人座って、画面から流れる「流行色は青です」って情報を得たらスイッチ一つで自分のスーツを青にチェンジ。食事も機械が口まで運んでくれます。

一個前にコメント書いた「ワールド・オブ・ライズ」は、地球に豊かな者と貧しい者がいて混乱してるって言いましたが、こちらは、全ての人が、機械に助けられ統一価値観で楽々生活を営んでいます。

この映画「ウォーリー」の言わんとするところは、楽々ヴァーチャル・デジタル生活はダメよってコトかなぁ。

あと「命」ってこと。ロボットのお話ではありますが。。。
[PR]

by markyworks | 2008-12-22 16:00 | エンタメ | Comments(2)
Commented by なかにし at 2008-12-22 20:48 x
公開週に子供と見に行きました。
大筋は「千と千尋の神隠し」でしたね。

こどもの感想は「ちょっと難しいお勉強の話だったね」
Commented by markyworks at 2008-12-23 02:13
なかにしさん 「千と千尋」観たことないんですよぉ〜。あ〜子供さんの感想はそうですか〜。難しいんですね…


<< 走行会@AUTOPOLIS      フリーマン忘年会 >>