Marky works

markyworks.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 26日

ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢

舞台「コーラスライン」の再演の為に行われたオーディションを収めたドキュメンタリーです。

コーラスラインが上映されたのが1985年。23年前。私は親戚の家で今や絶滅したレーザーディスクで観ました。

「コーラスライン」自体が「コーラスライン」のオーディションって話なのでこれは、「リアル・コーラスライン」ってことになります。え?わかりにくい?

オーディションを受ける人を演じる人のオーディション風景を追いかけたドキュメントってことです。
なので、リアル感情のセリフと演じているセリフが交錯していきます。
経験不問のオーディションからスタートするので、絞られていくのに時間がかかります。
後半では「8月の演技をみせてくれ」と要求されたり…

コーラスラインは、演者の生活環境、身体的コンプレックスや、性的嗜好、以前のキャリアなどを告白する場面が多くあります。

そういったことを、リアルに体験している人、しているように演じられるひとが残っていきます。

この映画はコーラスラインを観てから行くべきでしょう。

「おっぱいとオシリ」ってとこなんて、観てなければ「?」ってなるかも(観進めていくうちに役を得るために整形した役者の台詞ってわかりますけどね)

大元のブロードウェイミュージカル・コーラスラインを作るに当たっての演出家マイケル・ベネットの企画会議(会議って固いモノじゃないんだけど)を残した6mmが残ってるなんてのがすごい。

今はPCだからパッパッっと「ゴミ箱」ですもんね…
[PR]

by markyworks | 2008-12-26 22:15 | エンタメ | Comments(0)


<< モチつき!!      CM録り >>