<   2008年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 31日

Private Lodge

今週のランチGめんは、

並木坂、こむらさき本店の隣の2Fです。

店のイスにはイームスがあったりとおしゃれカフェの雰囲気で、NYに行ってた人のアート作品なんかも展示してあります。

私が頼んだのは「ピリ辛麻婆豆腐」ロビさんは「車麩となんかのパスタ」

これにドリンクがついて750円ノンカフェイン穀物コーヒーってのを頼みました。

私が食べた「ピリ辛麻婆豆腐」じぇんじぇんピリ辛じゃありませんでした。
どうやらここのカフェは、野菜っぽいメニューらしく、挽肉は入ってなくて、味噌風味。
ってことは…豆腐の味噌汁みたい…で味薄め…ご飯は玄米なのかな、ちょい堅め。

穀物コーヒーは、HOT麦茶みたい。入れなかったけど、ミルクは豆乳だった。

こーいうごはんを食べてたら、世の中争いごとは無いかも。。でも…やる気も出らん…

「当店はベジタリアンっぽいメニューです」って書いてあったら心の準備もできるんだけど…

d0092940_131113.jpg
d0092940_1314165.jpg

[PR]

by markyworks | 2008-01-31 13:13 | | Comments(0)
2008年 01月 25日

ライラの冒険 黄金の羅針盤

“オックスフォード”の寄宿生である12歳のライラ・ベラクア(ダコタ・ブルー・リチャーズ)は、一心同体の守護精霊“ダイモン”という動物といつも行動をともにしていた。そんな不思議な世界で、謎の組織に子どもたちが誘拐される事件が続発、親友を誘拐されたライラは自ら捜索に乗り出す。(シネマトゥデイ)

叔父さんが007のダニエル・クレイグです。

「ダイモン」ってひとりひとりに憑いてる守護神みたいなのがいちいち動物です。
子供のころはダイモンが固まってなくてコロコロ変わります。便利です。
ちなみにレイバンのサングラスかけてショットガン撃ったりはしません。ダイモン違い。

シロクマの王国みたいなんがあって王座を巡ってシロクマが死闘を繰り広げるんですが、かわいいです。シロクマはかわいいなぁ〜。

で、HPではあなたのダイモンがわかるテストがあります。私は…チョウチョですた…最初、「蛾」かと思った…

Butterflyはチョウチョも蛾もいっしょだっけ?
[PR]

by markyworks | 2008-01-25 01:43 | エンタメ | Comments(2)
2008年 01月 24日

ソロモン厨房

毎週木曜捜査する「ランチGメン」今週は「ソロモン厨房」

並木坂、デイリーストア(の2階は火事でしたね〜)から熊本城方向に曲がって、ワイン屋さんの「ボン洋酒店」の2F。

「ソロモン厨房」です。カレー屋さん?ってワケじゃないのかも知れませんが〜カレーメニューが多い。

辛さはメニューに表示される星の数で表記される。私は辛いのヤなので星1つのFカリー。ナンorごはん選べます。ごはんにしました。ごはんの上にはうすーいあられ的なもんが載っててそれは割ってごはんにまぶして食べます。

カレーは挽肉キーマカレー。ナスやらかぼちゃが入ってました。これで700円。妥当でしょう。

ろびさんが食べたのはソロモン・カリー。さらさらスープカレー状態。おくらとかが入ってました。

店は街なかなんだけど、なんか隔離された感じ静か、日当たり良好、店員さん(オーナー夫妻か?)はフレンドリー。
いい印象の店でした。
d0092940_1193322.jpg

[PR]

by markyworks | 2008-01-24 13:50 | | Comments(2)
2008年 01月 20日

YZFーR15

ヤマハのFZ1 FAZERの国内仕様のHPにある動画は阿蘇で撮影されてますよ〜。

で、これはインドで発売されるYZF-R15
d0092940_14532116.jpg

ハンドル高いしタンデムシートも2人乗れる風。
レーシーな感じはスポイルされているけど…ひょっとすると逆にYZF-R125よりお安いかも?(逆ってなんの逆よ…)

っていうかYZF-R125自体まだ発売されてないから価格もわからないんですけど…
125が6月からレッドバロンで発売で61万円だそうです。
d0092940_1664031.jpg

こっちがカッコいいい☆

ガレージにこんなの入ってたらmotoGPのDVDとかこれにまたがって眺めたりして…NSF100と悩むところ。
[PR]

by markyworks | 2008-01-20 15:01 | BIKE・車 | Comments(4)
2008年 01月 19日

犯人に告ぐ

川崎で起きた連続児童殺害事件で“BADMAN”と名乗りテレビに脅迫状を送りつけた犯人が、3件目の犯行後、こつ然と姿を消してしまう。捜査に行き詰った警察は捜査責任者の巻島(豊川悦司)をテレビに出演させ、犯人に直接語りかける“劇場型捜査”を決断するが、犯人を挑発する巻島の発言に報道は加熱し、日本中が混乱に陥る。(シネマトゥデイ)

よかったです。この映画。今年1番。ってまだ今年始まったばかり。

小沢征爾の息子、小澤征悦がイヤーなヤツを演じてるんです。まーイヤなヤツです。こないだ「徹子の部屋」に小澤征悦が出てたときにこの映画の話をしてた。リップ塗ったりするとこがイヤー。ジュニアと言えば、伊丹十三のJr、柄本明のJrも出てます。

石橋凌もイヤなヤツ。おいしいところばっかもっていく。

こないだ会社で石橋凌見たなぁ〜この映画のプロモーションで?

トヨエツは「がんばれトヨエツ!」と応援したくなる。犯人を追い詰めて行きます。

この映画はじめから終わりまで笑ってる人が全然いない。

子供を誘拐されたお父さんが笑いながら号泣してるぐらい。

笹野高史がいい味出してます。
[PR]

by markyworks | 2008-01-19 00:06 | エンタメ | Comments(0)
2008年 01月 17日

ガチ☆ボーイ

主人公の五十嵐良一は事故で頭を打って以来、眠るとその日にあったことを全て忘れてしまうという「高次脳機能障害」を負ってしまった青年。昨日のことも覚えていられない自分に対して五十嵐は生きる実感を失いつつある。ところが、そんな時に五十嵐はあるものと出会う…。それは、学生プロレス!
学生プロレスは本当のプロレスとは違い、コメディ要素が強く、むしろコントに近い一大エンターテインメントなのだ。そんな学生プロレスに五十嵐は強く惹きつけられ笑わせられ興奮させられ感動させられる。
そして、人生へのリベンジマッチ!とばかりにプロレス研究会の扉を叩く。プロレス研究会の部員はそんな五十嵐を歓迎し、いつまでたってもプロレスの段取りを覚えられない(部員達は五十嵐の記憶のことを知らないのだ)五十嵐にも根気良くプロレスを教えていく。ところが、デビュー戦で五十嵐はやはり途中で段取りを忘れ、それ以降ガチンコでプロレスをしてしまう。だが、そのガチンコっぷりが逆に観客に大ウケで、五十嵐が扮したマリリン仮面は一躍人気レスラーになっていく。何もかもうまくいくかに思えたその時、思わぬ事件が起こる…。

前半コメディー後半感動です。
どーにもなじまないのが、サエコの声。クローズドノートの時も思ったけど、「変な声」ま、いいか。

でも五十嵐みたいな人いたら、辛いだろうな〜。
告白のシーンがあるんんだけど〜まぁ〜切ない…

プロレス同好会のメンバーは、見たことない役者さんばっかりだったけど、良かったです。これからいろいろ出てくるかな〜。
[PR]

by markyworks | 2008-01-17 23:30 | エンタメ | Comments(0)
2008年 01月 17日

おかず横丁

d0092940_14253226.jpg

「日本料理 雫」が監修するお弁当屋さんです。
からあげ弁当 666kcal580円
店員さんが寒そうなくらい吹きっさらし、隣には、ウッドデッキもあってそこでも食べることができそう。
[PR]

by markyworks | 2008-01-17 14:25 | Comments(0)
2008年 01月 15日

蔵人珈蔵

パークドームの手前に数年まえからあるなぁって思っていたんだけどなにしろコーヒー飲まないから行ったこと無かった。

紅茶もジュースもあるんですね。ま、そりゃそうだよね。

抹茶&小倉ワッフルを食べました。ワッフルなんだけどやわらかい。ナイフで切れます。ビスケットの親分ってのがワッフルて思っていたんだけど、これはホットケーキみたいな食感。
でも…カロリーは高そうだ…
d0092940_1105719.jpg

[PR]

by markyworks | 2008-01-15 17:11 | | Comments(0)
2008年 01月 11日

RIDE 8

東本昌平の雑誌「RIDE」の「8」が出る。
ヤバイな…
d0092940_20402391.jpg


俺もついにキリンと呼ばれるようになるのか…
キリンは鳴かない…

メー♪メー♪
[PR]

by markyworks | 2008-01-11 20:41 | BIKE・車 | Comments(6)
2008年 01月 11日

明日への遺言

あらすじ: 第二次世界大戦終了後、戦争末期に名古屋を空爆した米軍捕虜を処刑した責任を問われ、B級戦犯として裁判にかけられた岡田資中将(藤田まこと)。裁判で彼は「一般民衆への無差別爆撃の責任は誰が負うのか、命令により実行した部下の責任は誰が負うべきなのか」と堂々と信念を主張し、戦勝国アメリカによる法廷を戦い抜く。(シネマトゥデイ)

ジミです。法廷と留置所しか出てきません。蒼井優ちゃんとか西村雅彦も出ていますが、友情出演なみの出演時間。
ほっとんど、藤田まことの画です。

でもね、部下の減刑、日本人の尊厳、それらを自己犠牲をもって、守る。昭和の男。
潔いとはこういうことです。

1ショットの長回し長セリフ、すっかり爺さまの藤田まことですが、発する言葉に力があります。英語は棒読みですがそれはそれでまた良い。

「秘書がやりました」とか「家族名義です」「金もらったけどもう返しました」なんてことばかり言う政治家はこれ見て改めなさいって感じです。

うつくしい日本人の映画です。
[PR]

by markyworks | 2008-01-11 01:17 | エンタメ | Comments(2)