Marky works

markyworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 31日

ダーツ@ROUND1

ROUND1にはじめて行きました。ダーツしに。仕事仲間大集合。(って3人ですが…)

昔々、家にもあったんですが、そのころのはボードはコルクみたいな材質で金属の針のダーツ矢でした。

いまどきのは、ゲームの種類も多いし、その点数計算もボードがやってくれるし、ボードはゴム製。ダーツはプラスチックです。画面に点数でるし、順番まちがえることもない。

これって…ボーリングそっくり。ど真ん中(ブルっていうらしい)に当たったり、倍のゾーンに当たったりすると、画面が盛り上げてくれます。2時間シレッと過ぎてしまいました。

終わって、道具返しに行ったら、クレーンゲームとコインゲームちょこっとさせてくれるオマケがありました。

あっちゅう間に終わりました…
が、その後ポケットにあった100円で、チュッパチャップス7本GETです。
d0092940_15273.jpg

[PR]

by markyworks | 2008-05-31 00:52 | Comments(0)
2008年 05月 31日

アフター・スクール

30代になった、かつての同級生たちが織り成す“大人の放課後”を、細部まで練り込まれた脚本と巧みな構成で描く。映画やテレビ、演劇と各界から注目を集めている大泉洋が主演を務め、佐々木蔵之介、堺雅人、常盤貴子など実力派キャストが共演。予測不可能な展開で観る者を翻弄(ほんろう)する内田監督の手腕が光る。(シネマトゥデイ)

あらすじ: 母校の中学で働く教師、神野(大泉洋)のもとに、かつての同級生だと名乗る探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。探偵は、神野の幼なじみで今は一流企業に勤める木村(堺雅人)の行方を追っていた。心ならずも木村探しに巻き込まれるうちに神野の知らない木村の姿が明らかになり、事態は誰もが予想しない展開に向かっていく。(シネマトゥデイ)

大泉洋を知ったのは、PaPaPa、Paffyでした。なんで北海道ローカルの兄ちゃんがPaffyと?って思ってました。

最近では、すっかり役者。バラエティーも、オモローにこなす、洋ちゃんはかっこつけないかっこよさがあります。

「東京タワー」も大泉Verがいいです。

さて、アフター・スクールです。

すでに見た人やメイキングの番組で、「複雑で、複線複線で、しっかり見てないと解らなくなるよ」って前もって聞いて知ってたんですが、ふーんなるほどって、結末です。

ただ、そんな風に聞いていたので、もっとどんでん返し期待してしまいました。

堺雅人はいい。こないだの「クライマーズ・ハイ」も良かったし。

あと常盤貴子。好き過ぎて、常盤貴子のドラマ見ないようにしてたくらい。

今回もかわいい。一個私より年上なのに。ステキだ。
[PR]

by markyworks | 2008-05-31 00:11 | エンタメ | Comments(0)
2008年 05月 29日

クッチネッタ・モンズ

木曜出没、ランチGメンです。

並木坂、熊日広告社の向かいの階段をあがった2階にあります。

生メン・パスタもあります。

種類も豊富。画像は、きこりのパスタ。ツナときのこにトマトソース。これは生メンじゃないです。これにコーヒーついて850円。

おやじは無愛想ですが、清潔感あってうるさくなく、いい。おいしかです。
d0092940_07455.jpg

[PR]

by markyworks | 2008-05-29 23:55 | | Comments(0)
2008年 05月 28日

幸せになるための27のドレス

解説: 他人の結婚式を成功させることに情熱を燃やす万年“付添い人”のヒロインが、自分の片思い相手の結婚式のために奔走するハメになるロマンチック・コメディー。主演は人気ドラマ「グレイズ・アナトミー恋の解剖学」のキャサリン・ハイグル。彼女に興味を抱く新聞記者を『X-MEN』シリーズのジェームズ・マースデンが演じる。監督は『ステップ・アップ』のアン・フレッチャー。ハイグルのキュートなラブコメ・ヒロインぶりと結婚式の裏事情に迫る数々のエピソードが見どころだ。(シネマトゥデイ)

あらすじ: 他人の結婚式を成功させることに生きがいと使命感を感じるジェーン(キャサリン・ハイグル)。そんな彼女が密かに思いを寄せるのは、優しい上司のジョージ(エドワード・バーンズ)。しかし、彼はジェーンの妹で美人モデルのテス(マリン・アッカーマン)と知り合い、短期間の交際を経て結婚することになってしまう。(シネマトゥデイ)

なーんか、みたことあるなぁ〜「ベスト・フレンド・ウエディング」に途中までそっくり。

でもいいんです。始まって30分くらいで結末がうすうすわかってもいいんです。
「水戸黄門」的安心感です。

もーちょい、もーちょい、主役のキャサリン・ハイグルがかわいかったら…個人的好みの話ですけれど。。。
[PR]

by markyworks | 2008-05-28 23:55 | エンタメ | Comments(4)
2008年 05月 25日

全日本ロードレース選手権第3戦オートポリス

土曜は雨バイクがコース走ってるのをみたのは、往年のスターライダーがBMWのバイクでデモランする「マスターズラン」だけ。目の前を平忠彦が走っていく〜。

その後、大雨。スケジュールも大幅変更になりました。
急遽買ったカッパ着てても、びしょ濡れ…
JSB1000の1台づつ予選タイムアタックする、スーパーポールも流れました。

変わって日曜。

曇っているけど、雨は降ってないし、路面もドライ。
d0092940_1658222.jpg

グランドスタンドからスタートラインを望むタイ焼き。
d0092940_1711888.jpg

スタート!!
d0092940_172694.jpg

ヨシムラスズキGSX-Rの秋吉耕祐とYSP&PROTO YZF-R1の中須賀克行の一騎打ちだったんだけど〜、じわじわ秋吉選手が引き離し〜チェッカー!

って画像には、走り去る「魂」しか写ってませんね…
これが秋吉選手かどうかも怪しい…

チケットくれたK先生ありがとうございました♪♪♪
[PR]

by markyworks | 2008-05-25 17:26 | BIKE・車 | Comments(2)
2008年 05月 21日

クライマーズ・ハイ

解説: 1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄(ほんろう)される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。実際に記者として日航機墜落の取材をした作家・横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説を、映画『金融腐蝕列島 [呪縛]』の原田眞人監督が映像化した。地元新聞社の熱血漢デスクを『ALWAYS 三丁目の夕日』の堤真一が演じたほか、『殯(もがり)の森』の尾野真千子ら実力派が集結。感情が激しく交わる濃密な1週間の人間ドラマに圧倒される。(シネマトゥデイ)

あらすじ: 1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社に入る。編集部で全権デスクに任命された悠木和雅(堤真一)は記者として扱う一大ニュースに対する興奮を禁じえないが、中央紙とのスクープ合戦や組織や家族との衝突を経て、命の重さに対しわき上がる使命感を覚える。(シネマトゥデイ)

全然期待しないでみました。K師範代は「そうとう良いはず。」と言ってましたが、「へー、そうなんすかぁ」ぐらいで、居りました。

で。

すーごい、引き込まれました。

事故現場の惨劇、それを伝える新聞記者、社に残って、とりまとめるデスク、事なかれ主義の上層部、わけのわからんワンマン社長、スクープの取り合い、社内での駆け引き、遺族の悲しみ、報道のジレンマ。。。

走ってます。全力で。新聞を作って、読んでもらうってことに全力疾走です。

ほぼ事実に近い話だそうで、ずっしり、濃厚な映画です。
登山のシーンも、これは俳優も実際登って撮ったんでしょう。リアルです。

1985年8月12日、この次の日、私は生まれて初めて、一人飛行機に乗って、東京羽田空港に行ったことを覚えています。
両親は「前の日事故があったから、今日はいつもより念入りに整備してる」と私を送り出してくれました。

23年前の出来事。
[PR]

by markyworks | 2008-05-21 00:47 | エンタメ | Comments(4)
2008年 05月 19日

鹿児島〜黒豚とんかつ〜白クマ

d0092940_1305419.jpg

水族館を出るときに、いちばんかわいいおねいさんに「トンカツ食べたいんですけどどこがいいですか?」と尋ねたら、「どうぞこちらへ」って、地図やら、情報誌やら、見せて親切に教えてくれた。「いっしょに食べにいきませんか?」って言えば良かった…

 でまた天文館にもどって行ったのが「黒豚料理 あぢもり」お上品な店ですがランチは超リーズナブル。「ためしてガッテンで実証 ブタバラトンカツ」っておいしいです。なんと定食680円。(写真はロース)

この店でるときにおばちゃんに、「しろくまどこがいいですか?」って尋ねたら(おねいさんはいなかった…)「むじゃきは…観光客のみなさんは行かれますけど…」って教えてくれたのが、「蜂楽饅頭かここが…」って蜂楽饅頭でコバルト食べてちゃ意味ナイ。
さ、もう一件へ行きました。

…フルーツはたくさんのってるけど…、かき氷に800円は…店出るときも、「おつり?ですか?」だって。

素直にむじゃきに行っとけばよかった。プリンが載ってるのを食べるべきだった。

道路標識にカモメがずっと乗ってた。
d0092940_1543237.jpg

港にもどって、「ドルフィンポート」(ちょっとしたモール、食べ物屋さんとか物産館とか)でやってる「篤姫館」へ。水族館とセットチケットを買ってました。
ドラマ「篤姫」のパネル・小物・衣装・セットがあります。
でセットの中で着物羽織ってコスプレできる所もあります。ここが一番のポイントでしょう。

鹿児島スイッチ     おわり。
[PR]

by markyworks | 2008-05-19 13:24 | Comments(0)
2008年 05月 19日

鹿児島〜いおワールド・鹿児島水族館

d0092940_1214456.jpg

d0092940_123656.jpg

d0092940_1235740.jpg

d0092940_1261087.jpg

[PR]

by markyworks | 2008-05-19 11:19 | Comments(0)
2008年 05月 18日

鹿児島〜見つけたモノ

d0092940_0341961.jpg

天文館の横断歩道からも見える観覧車アミュラン。
熊本と同じように、路面電車が走る。違うのは、軌道が中央分離帯も兼ねてる。
で軌道敷地内は芝!!キレイです。
中央分離帯があるとやたら右折出来なくなるのですが、町全体の車の流れがスムーズ。
きらめくメッキメッキの看板は「サンクス」なんかちょっと高級そう。(ちなみに道に向かいには普通のサンクスがあります。バッティングするよね。)
そこでみつけたのは「文旦アイス」にがすっぱかったです。
[PR]

by markyworks | 2008-05-18 22:43 | Comments(0)
2008年 05月 18日

鹿児島〜黒豚横町〜黒福多

鹿児島に来たメインテーマは「黒豚」です。
しゃぶしゃぶを食べに来たようなものです。
d0092940_0123710.jpg

教えてもらったのが、「黒福多」
角煮とかミミガー酢の物とか黒豚サラダとかいいんですがー、やっぱりしゃぶです。
d0092940_0173393.jpg

前座をCUTしても、しゃぶった方がいいかもー、バラを追加しました。
d0092940_0183371.jpg

[PR]

by markyworks | 2008-05-18 21:07 | | Comments(0)