Marky works

markyworks.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 29日

スガシカオLIVEツアー「Funk/POP/Ballad/Dance・・・スガシカオ“おいしいとこ全部盛り”ツアー」

スガシカオのLIVEに行って来ました。とても久しぶりのzepp。ホークスタウンモールは、空き店舗がチラホラ…でも、HKT劇場があるんだ〜…指原いるかな?居ないか…
スガシカオLIVEは初体験。箱のせいか、音がよく感じました。ちょっと前にいった別のLIVEは、「これで、正解なのか?」と疑いたくなる音響でした。。。今回のツアータイトルが、「おいしいところ全部盛りツアー」なので、懐かしいめの曲がけっこうあって、よかったデス…最近のは…
その日のブログでスガシカオの突発性難聴の記事が〜。ぜんぜん元気だったけどネェ〜。。。
久々フクオカは物欲もだいぶ刺激されたけど、ガマン!
d0092940_20515023.jpg

[PR]

by markyworks | 2012-10-29 22:49 | エンタメ | Comments(0)
2012年 10月 28日

「九州ロードレース第5戦」

JSB1000クラスに出場 大樂竜也選手。
鹿児島からKTM RC8で出場
d0092940_227334.jpg

2位フィニッシュでした!
スタートがうまく行って、リードし続けたのですが、ストレートで後続にパスされます。
ラスト2周の最終コーナーで一度はトップに帰り咲くのですが、いかんせんストレートで抜かれてしまいます…
最後の最後で、しかけるものの、惜しくも、2位フィニッシュ。
来シーズンはどーするのかな?
応援団としては、楽しみにしたいところです。
[PR]

by markyworks | 2012-10-28 22:12 | バイクのコト(2012/8月追加) | Comments(0)
2012年 10月 28日

九州ロードレース第5戦

J−GP3に出場は21井上拓海選手。
たっくんも初めてあったときは小学校5年生でしたが、いまでは高校生。
休日は全部レースや練習に打ち込んで、家族みんなでこのクラスに取り組んでいます。
難しいタイヤ選択のスタートでしたが、ライバル達も、ほぼ変わらない選択。コンディションも選手一人一人に平等に影響しているので、誰が有利で誰が不利というモノではなかったようです。
がんばった、結果の5位フィニッシュ。
いろいろな想いも残ったかも知れません、しかしながらシーズンは今日で最終戦。
すでに想いは来シーズンに向かっているのかも知れません。
d0092940_215763.jpg

[PR]

by markyworks | 2012-10-28 21:57 | 車のコト(2012/8月追加) | Comments(0)
2012年 10月 28日

「ONE&TWOフェスティバル秋」と「九州ロードレース第5戦」

2輪地方選手権「九州ロードレース第5戦」、偉大なる草レース「ONE&TWOフェスティバル秋」同時開催です。今シーズンは一度も見に行けていませんでした。
気づけば最終戦。。。

前夜から雨で、オートポリス名物の「濃霧」
予選など午前中のスケジュールは遅れたようですが、私が現地に到着した時には、雨も霧も晴れていました。
しかし、路面はビミョーな状態。。。

deak-craft関係ではONE&TWOにogatiさんが参戦。マシンはBMW S1000RR。外装はカーボン、
d0092940_2142365.jpg
カーボン、
d0092940_21415274.jpg

カーボンで覆われています。
d0092940_2142666.jpg

グリッド。
d0092940_2142950.jpg

お立ち台こそ逃しましたが、無事フィニッシュ。レインタイヤはトラクションコントロールを無視して、滑ったようです。。。
つづく
[PR]

by markyworks | 2012-10-28 21:45 | バイクのコト(2012/8月追加) | Comments(0)
2012年 10月 21日

秋のひまわり

5月以来久々に車庫から出して、軽く拭き掃除。
恐る恐る、セルボタンを数回押すと、寝起き悪く目を覚ましました。バッテリーが終わってなくてよかった。
ちょいと、マミュコロードを、走ってみました。
スクーターでないバイクになかなか乗らないので勘を忘れてるのに加えて、セパハン・クリップオンに及び腰。
乗ってるというよりかろうじて動かしてるってレベルです。
d0092940_17525979.jpg

ここのひまわりは「ご自由にお持ち帰りください」。世知辛いご時世に太っ腹です。
私はカメラに収めただけで、持って帰りはしませんでした。
d0092940_17532079.jpg

[PR]

by markyworks | 2012-10-21 13:00 | バイクのコト(2012/8月追加) | Comments(3)
2012年 10月 13日

フェルメール真珠の首飾りの少女inベルリン国立美術館展

初めて太宰府の九州国立博物館にいって来ました。
わさわさした、住宅地から森一つ隔てて、アーティスティックな落ち着きのあるエリアにでかーい建物が現れます。アプローチからして、えんたーていんめんと♪
d0092940_2224698.jpg


駐車場から、手入れされた木立の間を歩いて、建物の中へ。
最初に目に入るのは巨大なやまがさ。10メートルくらいあります。
表も裏も装飾がすごい。
d0092940_22263366.jpg


その、脇をエスカレーターでのぼります。
いよいよ、会場入りです。
d0092940_22241099.jpg


フェルメールかぁ〜…36個しか展示がナイの?と思いきや、「ベルリン国立美術館展」ですんで、

貴重なボッティチェッリやラファエッロの素描が見られます!
世界有数のレンブラントコレクションから《黄金の兜の男》《ミネルヴァ》が出品!
15世紀のドイツを代表する彫刻家リーメンシュナイダーの《龍を退治する馬上の聖ゲオルギウス》
400年のヨーロッパの美術史を学ぶことができます!
といった盛りたくさんの内容!!(←コピペ!?)

よ〜わからんでもこういった時間の過ごし方も大事かと。

「太宰府に来たらアレ食べないと」で天満宮へ。九国って天満宮の隣なんですね〜。
その通路がコレ!!
d0092940_22241610.jpg

タイムスリップですよ、まるで。この動く歩道はどんどんいろが変わって行きます。
エスカレーター降りたら、太宰府天満宮!!すんごい立地!
で、芸術鑑賞して脳を使ったんで、甘いものを。名物「梅が枝餅」
d0092940_22241992.jpg

焼きたての、もちろんセロファンにつつまれていないのんを☆
d0092940_22242199.jpg

ばく!!
d0092940_22263987.jpg


帰りも高速は鳥栖あたりまでボチボチ車多かったです。
d0092940_22264419.jpg

[PR]

by markyworks | 2012-10-13 17:00 | エンタメ | Comments(0)
2012年 10月 13日

唐戸市場

Deak-craft ツーリングに同行。初めて、下関の唐戸市場に来ました。
1Fは観光市場でその様子が上から覗き込める。
d0092940_05236100.jpg

d0092940_0455012.jpg

握り寿司や海鮮丼・天ぷら・から揚げ、海の幸を両手に抱えた人々が行き交っていて建物の外、関門海峡を眺めながら食べていたりします。
そんな方々を避けながら我々一行は、2Fの回転寿司店へ。
7人なんで名前書いて、順番待ち。
10分もしないうちに入れました。
ふぐ唐揚げ。まんなかの骨は堅くてムリ
d0092940_2153751.jpg

d0092940_21531621.jpg

赤出汁。中にはふぐが!!
d0092940_21531978.jpg

d0092940_21532335.jpg

d0092940_21532637.jpg

[PR]

by markyworks | 2012-10-13 14:43 | | Comments(0)
2012年 10月 13日

山口ツーリング

まいどおなじみDeak-craftのツーリングが決行された!
私は、映像班として下関まで同行。
その一部始終を、ダイジェストで映像化!緊急世界一斉公開!金獅子賞候補とのうわさも!?

[PR]

by markyworks | 2012-10-13 13:00 | バイクのコト(2012/8月追加) | Comments(0)
2012年 10月 10日

山下達郎 シアター・ライヴ/PERFORMANCE 1984-2012

こないだは、OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~(初回限定盤) [Limited Edition]ってベストの話をしましたが、今度はLIVEです。
とはいうものの、実際のLIVEは、プラチナチケット。生ヤマタツは見たことがありません。
 では、LIVEというのはどういうことかというと、映画館でツアーの模様を見ましょうってモノ。
この手の作品は、最近増えてて、舞台や落語なんかもあったり、同じ時間に全国の会場で生中継ってのもあるようです。

今回のヤマタツのライブは、古くは1984年から、2011年の映像まで編集されています。

時代を感じる山達の衣装で始まったのですが、衣装のテイストは現代でもほぼ変わらず(シャツINで細めのベルト、ピッタリした腕時計)ヘアスタイルも、基本ロングで、最近の映像では、ニットキャップってのもありました。
「ぶれない」センスです。

音質はさずがに山達が「GO」を許可しただけあってクリアなサウンドなのですが、ライブだと思うと、圧倒的に音量が足りない。映画だとこれでもいいんでしょうけど…

音の大きい小さいは、各会場で違うでしょうし、そこまで、管理できないのかも知れません…

あと、料金が2500円します。各種割引は一切なさそうです。。。

ま、ね、2500円でお気楽にライブが見れると思えば、全然OKです♪

いつかを本物みたいなっ♪
[PR]

by markyworks | 2012-10-10 23:59 | エンタメ | Comments(0)