Marky works

markyworks.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 29日

ナインティナインのオールナイトニッポン

20年越えの長寿番組のナインティナインのオールナイトニッポンが9月いっぱいで終了する。
開始当初は覚えていないけど、(2部が熊本でやっていなかったかも、RKKの3時からは「歌うヘッドライト」だったか!?)
大学受験の時は聞いていたような気がする。(途中22時から放送されていた時期はRKKはネットしていなかったコトがある。あの時期は聞けなかった。)

年末(クリスマス前)は出川哲朗の乱入(といっても恒例行事)
年始の大阪帰省話(毎年サッカー部の同級生があつまる)
夏は27時間の裏話や出演していない時は、見た感想トーク。
特番の裏話。
時事ネタへのコメント等
マネージャーが変わるとあだ名を有野に付けてもらう。

TVでは、「TVタレントのナインティナイン」だが、ラジオは、知り合いとしゃべってるような近い距離感。
なので、ナインティナインの話をする際「岡村さん」と言ってしまう。「岡村」と言うのに抵抗がある。
矢部氏は矢部氏かやべっちだけど。
会ったことは、ないけども、会ってもなんだか知り合いに久々に会ったような感覚になるんじゃないかと思っている。なので、岡村さんの長期休養。そして復帰は人ごとではない親近感を持って聴いていた。

ここ数年はON TIMEで聞く事はなくなり、録音して翌朝聞くのが習慣になっていた。
2ヶ月ほど前に「ナインティナインのオールナイトニッ本」の最終巻が出る時に、それらしい、言い回し(番組終了)をしたときがあった。「ナイナイもいよいよか…」と思ったりもしたが、そのときは、ちゃかして終わっていた。
もしかしてあれは今回の布石だったのだろうか。

昨日の放送をまだ半分ほどしか聞いていないが、ネットの記事では岡村さんが一人でやるというような話もみられる。それはそれで、すこし安心した。

今でも、岡村さんの話がほとんどだし、ネタハガキを選ぶのも、読むのも岡村さんである。
しかし、矢部氏のツッコミ(ボケだツッコミだという表現がチープ過ぎて適切ではないが)や笑い声がなくなるのは、想像できない。放送作家さんがスタジオで受け答えし、その役割を担うのかもしれないが、他のタレント番組を聞いていると、タレントを持ち上げる作家のわざとらしい笑い声や、関心してる風の受け答えが、どうも好きになれない。

「ラジオ論」になりそうなので、99のANNに戻すが、

今後始まる「岡村隆史のオールナイトニッポン」はきっと聴くのだろうけど
どんな番組になるのだろう。。。

クリス・ペプラーのようなおしゃれな番組にするって???
「やべっち!ポーカーフェイス!!小林克也でした。」←コレわかる人はだいぶヘビリス。
[PR]

# by markyworks | 2014-08-29 11:17 | エンタメ | Comments(0)
2014年 08月 16日

マダム・イン・ニューヨーク

久々にDenkikanです。
シネコンはこの時期、アニメや、◯◯レンジャーやコミック実写版みたいなのばかしです。
そのせいか単館系に見たいの、興味深いのが、ぞくぞく。
時間次第では、3本連続なんて荒技もできそうな勢いでしたが、やめました。
さて、「マダム・イン・ニューヨーク」けっこうメディアで取り上げられてて知ってるひとも多いでしょう。
感想は、
海外旅行とか行くと「もっと英語がしゃべれたら…」
と思って帰ってきます。その思いが、ぐっっと強いとこうなるんだろうなぁ〜。
周囲が持つイメージが、イメージくらいで終わっていれば、どうぅってことないんでしょうが、それが行き過ぎると「決めつけ」となって、息苦しさや、疎外感になってしまうことも。。。
周りの決めつけたイメージをひっくり返せたら、水戸黄門ばりに気持ちいいんでしょうけね。

「4週間で喋れるようになります」教室は楽しそうでした。いいなぁ。

聞き流すだけの、英語教材でもいいけど。いくらするんだろぉか???
[PR]

# by markyworks | 2014-08-16 14:30 | エンタメ | Comments(0)
2014年 07月 27日

鈴鹿8時間耐久ロードレース

2年ぶりに鈴鹿に行ってきました。
また行くとはホントーに思っていなかった。
今回も社会復帰まで1週間を要しました。
くたびれる…
KUMAMOTO SMART DRIVER RACING TEAM#096
d0092940_16474749.jpg

[PR]

# by markyworks | 2014-07-27 19:30 | バイクのコト(2012/8月追加) | Comments(0)
2014年 06月 15日

ニード・フォー・スピード

もともと、ゲームのタイトルだそうです。小説・アニメが原作。というのはわかるんですが、元はゲーム。。。今ではめずらしくないコトですが、ゲームの類に疎いのでよくわかりません。
それはイイとして、クルマがたくさん出てくる映画なので「ワイルド・スピード」と比べられたようですが、私はこちらの方が好みです。

散りばめられた往年の「クルマ好きが好きな映画」のオマージュ。私が気付いた所では、ドライブインシアターで映ってた映画が「ブリッド」のサンフランシスコの坂のシーン。
走行中に運転を代わるのは「トランザム7000」辺りでバート・レイノルズがやっていたような。。。パトカーのリアのホーシングにチェーンを引っ掛けてぶっ壊すのは「アメリカン・グラフィティ」クルマと関係なくなってきますが、小型機のパイロットが「マーヴェリックって呼べ」ってのは「トップガン」?賞金稼ぎのトラックドライバーは、ひょっとして「マイアミバイス」のドン・ジョンソン?見たことないけど、レースをDJ(コレはDJか?)が実況するって所は「バニシングポイント」のオマージュ。

70年代80年代のクルマ映画ネタが散りばめられてるのは好みです。

登場するクルマが「ケーニセグ」とか「ブガッティ・ヴェイロン」とか「マクラーレン・P1」と言ったスーパーカー。コレはもう現実味無いですね。ケーニセグのドアの開き方たるや、もはや宇宙船です。冒頭の「グラントリノ」や「ポンティアックGTO」がドリドリしてる。速く無くともでっかいクルマがズルズルしながら煙もうもうと上げながら走ってるのはやはりかっこいい。現行マスタングもドリっぱなし。「カレーは飲み物」に続く名言、「タイヤは滑るもの」状態。

でもって「CG無し❗️」って触れ込みもイイ。

どっかの書き込みに「CGに慣れてしまって迫力を感じなかった」ってのを見かけたんですが、そんなコトを発言する感覚が理解できません。

「リアルよりCG」って…絵に書いたモチでも食っとけと言いたい。

「一般車が被害に…」って書き込みも。これも「映画ですよー」と言いたい。こういう人がテレビドラマで「犯人が逃げる時にシートベルトしてませんでした!」ってクレームを電話したりするタイプだろうか?「フィクションですよー!作り話ですよー!」「子供が見てマネしたらどうするんですか⁉︎」「そうならないように、アレは作り話なのよって説明して下さい」と言いたい。
サスペンスドラマの殺人もホントは死んでませんよ、演技ですよ。宇宙からの侵略者も創りモノですよー。ケンカして頭叩いてるように見えますけど、ボケとツッコミですよー。

いちいち言わないとイケナイ現代なんでしょうか…

毎度のごとく話はそれてしまいましたが、何も考え無くてイイ、ただただ迫力を味わう一本としてはいい映画だと思います。
[PR]

# by markyworks | 2014-06-15 02:04 | エンタメ | Comments(0)
2014年 04月 05日

LIFE

「LIFE」
ベン・スティーラーって好きな俳優の一人です。
ナイト・ミュージアムはなんか子供っぽくって見ていませんが。
昔から「岡村さんに見えるなぁ〜」って思ってたら吹き替えを岡村さんがするコトに。みんな思ってたんですね。

でも字幕版を見ました。THE SECRET LIFE OF WALTER MITTYが原題。ダニー・ケイ1947年の作品で邦題は「虹をつかむ男」でリメイク版とのコトですが、元ネタの方は見たことはありません。
「虹をつかむ男」と聞いて思いついたのは西田敏行の「虹をつかむ男 南国奮斗篇 (1997)」
この映画の紹介をラジオ番組のADでついていた時、パーソナリティさんが、「虹をつかむ男」と言うところを「虫をつかむ男」と紹介したのを思い出さずにはいられません。

脱線してしまいましたが、「LIFE」に話を戻しますね。

日常は煩わしいコト、面倒なコトが山積な訳です。それも地味〜に。
そんなコトを「イヤだな」とか思いながら過ごしていても、そこから抜け出すかどうかは、自分次第。

一歩踏み出す、一歩ジャンプするのは、自分なんですね。

ここからややネタバレ発言。

すぐそばにある幸せも、遠回りしてこそ気付くコトもあるようです。

青い鳥は、すぐ近くにいるのかもしれません。

「LIFE」誌のスローガンと言うのが、時折出てくるのですがそれがかっこいい。

「世界を見よう
危険でも立ち向かおう
壁の裏側を覗こう
もっと近づこう
もっとお互いを知ろう
そして感じよう
それが人生の目的だから」

いつも持ち歩く財布にでも、刻んでもらおうかな。
[PR]

# by markyworks | 2014-04-05 19:58 | エンタメ | Comments(0)
2014年 01月 31日

ラッシュ/プライドと友情

記事が掲載されたので、文字制限関係なくBlogの方は書きます。

なお、映画紹介の記事がベースなので、いつもと違って、やや「持ち上げ気味」です。

F1がコンピュータによって制御される以前、常人にはとても扱えない文字通りの「モンスター」と言われ、もっと荒々しく、もっと危険だった時代。
異なるタイプの2人の天才が頭角を現す。

自由奔放、酒・タバコ・いいオンナを欠かさない、しかし卓越した運転技術のジェームス・ハント

何時間もサーキットを歩き、車の仕様に細かくこだわる、私生活は品行方正、レースの為に生きる真面目な努力家、ニキ・ラウダ

このライバル2人、命の危険を顧みず、チャンピオンの座につくのは、どっちだ⁉︎


この映画、「どうやって撮影したんだろう」とか「いい演技するなぁ〜」とか冷静な目で見られない、映画の途中でふと、「帰りに晩ご飯の材料買って帰らなきゃ」というような現実には戻れない、ドップリとストーリーの中に入り込んでしまいます。

あたかも、この二人のバトルをピットで傍観しているかのような気分。
やや荒い画質が、スリリングなレースシーンをよりリアルにしています。

F1の魅力というのは、レース結果や車の性能だけでなく、人間関係の確執や、チームや主催者との政治的問題。膨大にかかるカネ問題など、この映画の舞台となった70年代も現代も変わらないようです。

そのドロドロした世界にあなたも123分間、巻き込まれてみては???

「F1にはキョーミが無いわ」という方も彼氏やダンナが、ジェームスやニキだったら…と心配しながらご覧下さい。


F1マニアのみなさんは現代とは違う70年代の安全性の低かったヤバい感じの各国のサーキットの風景にご注目。
その他細かいディテールも車両も装備も当時が再現されてます。

コレは、車を題材にした映画として後世に残る1つだと思います。
[PR]

# by markyworks | 2014-01-31 12:00 | エンタメ | Comments(0)
2014年 01月 01日

永遠の0

この正月の映画で「ゼロ」ってタイトルに付く作品が二つあるのってどうなんか?とも思いますが、そんなコト考える人はあんまりいないでしょう。(ゼロ・グラビティはホントのタイトルには「ゼロ」付かない)

公開になる数ヶ月前に小説とコミックをみておりました。(まさかの同時進行で読んでました)

当然のことですが、映画となるとだいぶ省略されるワケでして、「このシーンは説明が無いと分からんなぁ」
なんてことを思いながら見ておりました。

ネットの映画の感想書き込むところには「戦争賛美の映画」とか書き込みもありましたがそういう印象は受けなかったなぁ。。。

VFX(いつ頃からかCGって言い方からVFXって言い方になりましたね。)はとても自然で、違和感を感じることは少なかったです。

けっこう長い上映時間なんですが、そう長くも感じませんでした。

ちょっとどうかなっと思ったのは最後の方、カメラ目線で登場人物が一人一人語る短くシーン。
と、現代の街に零戦がピューっと飛んで行くシーン。
これはいらなかった。
夏八木勲(この作品が遺作)の独り言で「いったいあれは誰だったんだろうなぁ…」ってのもいらなかった。

この三つは、取って付けた感というか、説明じみてるっていうか。。。
見てる人が考えてわかる範囲のコトだと思いました。

邦画を映画館で見たのはしばらくぶりでしたが、大スクリーンで見る価値のある映画だったと思います。
[PR]

# by markyworks | 2014-01-01 15:58 | エンタメ | Comments(0)
2013年 12月 24日

ゼロ・グラビティ

サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーの二人しか出演しない映画として話題です。
そうでもないですか?

地球の軌道上のお話。
予告でも流れている通り、トラブります!!

宇宙空間では、一度加わった力は、別な力が加わるまでずーっとそのままってこと。
どこかで勢いよく動き出したものは、なんかにぶつかるまで、(止められるまで)その勢いを保って、動き続けます。

なので、モノを捨てたりするときは、気をつけましょう!自己中心な考えの国はメーワクをかけます。
CG全盛の現代ですが、「どーやって撮ったんだろう」って後から思います。
90分と短めの上映時間ですが、凝縮された濃い時間です。

みなさんも今後(年末年始)宇宙に行く時は、気をつけて行って下さい。
[PR]

# by markyworks | 2013-12-24 21:40 | エンタメ | Comments(0)
2013年 12月 19日

ラッシュ/プライドと友情


一足先に観させていただきました。
感想は先に紙面にのってからUPします。
でもちょっとだけ言うと〜F1ファン・モータースポーツファンの期待に応える細かい作り込み!リアルです。
[PR]

# by markyworks | 2013-12-19 07:56 | エンタメ | Comments(2)
2013年 12月 15日

HSR ドリームサンデー8時間耐久レース

一個前のblogのとおり、無事予選通過☆
決勝は今年も寒かった〜
d0092940_7395740.jpg

9センパイと女子STAFF。今年のお振る舞いは2種類のカレーでした。炊飯ジャーが3つもあった(汗)大所帯!!
d0092940_740519.jpg

第2軍団のグリッドは77番。振り向けば最終コーナー。全体のレベルが上がってきています。
ハラハラ・ドキドキの予選通過です。
d0092940_7401219.jpg

サインボードエリア
d0092940_7401543.jpg

サインボード女子をおしりさんが連れてきました。
d0092940_7401872.jpg

取材のmasaさん
d0092940_7402420.jpg

今年はほぼトラブルフリーで完走♪それが功を奏して、6年目のチャレンジで第2軍団初の入賞、クラス6位でした。
d0092940_7402780.jpg

moto-podにレンタルしていたXRモタードと。
年内のレースイベントは全て終了です。来年もご安全に☆
[PR]

# by markyworks | 2013-12-15 18:37 | バイクのコト(2012/8月追加) | Comments(0)