人気ブログランキング |

Marky works

markyworks.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 29日

ついに2輪もDCT

VFR1200F デュアル・クラッチ・トランスミッション
DCTっつても、ドリカムぢゃないよ♪

BMWの「M」とかGT−Rみたいな特殊な車のものだったのが、VWのゴルフやPOLOに採用されて私のような者にも触れる機会が出てきました。

そのデュアルクラッチがついに2輪にまで!!

ギヤをカチャカチャ操作しなくていい2輪はいままでもありました。
アプリリアのマーナ850(だっけ?)とかFJR1300AS(だっけ?)とか
原チャリのプーリー式や自動円心クラッチなんて戦後間もないころからあったでしょうし。でもなかなか大型バイクではメジャーになりきれない。

バイク乗りは大なり小なり、心のどこか「速く走りたい」って心情がある(と思います)ので、レースシーンで採用されてその後その技術をロードゴーイングマシンに使われたりすると「んならイッチョ」っと触手が延びるんではないでしょうか?


いや、逆にハーレーFLHのオートマチックなんてのが出て来るかな…
そんなのは「ぼーんとぅびーわいるど」ぢゃ〜ね〜な…

でも2輪のAT限定免許ってのもあるくらいだし…ウケるかもおーとまハーレー。

by markyworks | 2010-06-29 20:01 | BIKE・車 | Comments(6)
Commented by Deak-san at 2010-07-01 05:17 x
FJR1300はクラッチがないだけで、
ペダル操作はしないといけませんよ。
それにしてもDTCにABS、電子制御スロットルに、トラクションコントロール…。
バイクの進化はとどまるところを知りませんね。
でもわたしみたいなおじさんは、
70~80年代のなーんにもついてないキャブレターのバイクが懐かしく思えます。
Commented by markyworks at 2010-07-01 10:05
Deakさん あ〜、そうでしたか。FJRは直入の試乗会にありましたよね。
そのうち、直噴ディーゼルターボとか2WDとか2WSのバイクもでてくるかもですよ☆
Commented by Deak-san at 2010-07-01 12:20 x
以前ヤマハヨーロッパとオーリンズの共同開発で、
TT600R 2WDというモデルがありました。
前輪はドライブスプロケットに連動するオイルポンプによる油圧駆動、
後輪はSTDなチェーン駆動でした。
後輪がスリップするとエンジン回転が上昇するので、
油圧が上がって前輪の駆動力が増すというシステムで、
シンプルながらよく考えられていました。
問題は重量増で、
ポンプとホース、駆動用ギヤ等で2~3キロ増だったと記憶しています。
Commented by Deak-san at 2010-07-01 12:21 x
これです。
http://www.mcnews.com.au/NewsArchives/2000/bartolinirides2wdyamahatt600.htm
Commented by なかにし at 2010-07-01 20:09 x
高価な海外生産品でなくても、MビシにもDCTありますが、
バイクの場合は、そもそも常時噛合だから、
普通に流すときはクラッチなんか切らないし、

スポーツ走行時には、
クラッチワークでリアスライドコントロールしたりするんで
DCTは要らないんじゃ?と思います。
Commented by markyworks at 2010-07-01 20:29
Deakさん そういえば、風魔プラス1の風間深志さんがTWの2WDのに乗ってるのを見たような気もします。

なかにしさん ランエボA/Tありますね〜♪
クラッチ切らない!?スライドコントロール?
…ははは…(汗)さすが熊本のニール・マッケンジー☆


<< 韓国のレース      STAR WARS祭りだ!! >>