Marky works

markyworks.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 28日

新潟へ


数年ぶりに新潟へ。
最後に行ったのはいつだろうか…?
熊本地震で実家の電話が不通になりそのままにしていたため連絡がつかず「熊本は死んだ」と思われてたらしい。(半分冗談、半分本気)

父が亡くなり17年経って、新潟のじいちゃんもばあちゃんも亡くなっていて、父の兄弟も亡くなっていたり音信不通だったり。

実家には一番上の兄(おじさん)夫婦と娘(いとこ)が住んでいる。

園芸業を営んでいて夫婦ともに80過ぎてもまだ現役で仕事している(驚愕)

熊本から新潟へ行くルート今回は、福岡空港から新潟空港へ行く便を選んだ。
福岡発が朝の8時とあって博多で前泊した。
自分一人だったら、そんなことはしないんだけど、今回は65歳の母と2歳の娘連れ。

木曜の午後博多まで車で。天神のど真ん中のビジネスホテル。2部屋。母は一人でこちらは夫婦と娘2歳。ユニットバスで2歳を入れるのは大変かと思ったが、クリア。
食事は歩いて見つけた居酒屋に入ったものの、注文したものが出てくるのに時間がかかるので最初にオーダーした分が出切ったらもう店を出た。タバコ吸う客も多かったし。

金曜の朝6時過ぎには、チェックアウトし、車で空港へ。

周辺の民間駐車場を予約しておいたのでそこへ車を置いて、トランクを転がして歩いて空港まで。手荷物検査がものすごい列。飛行機に乗るのも久しぶりではあるが、荷物を預けるって行為がなかった。のでこんなに並ばなきゃいけないとは…

おばあちゃん(実母)はパン買いに行ったり娘はcooをこぼしたりと、目が離せない。
出発ロビーのソファーに腰掛けたらとっくに、乗り込み始めていた。

熊本空港では慣れない、バスで飛行機まで移動。
自分が乗る飛行機とご対面。「もしかして」と思っていたらやはり…プロペラ

小さな機体は以前天草エアラインが使用していたボンバルディア・ダッシュ8
プロペラ機乗ったなぁ新潟の帰りにも。一升瓶2本抱えて…

娘は嫁の膝に抱えてのフライトとなる。ぐずったり泣いたりしないか心配

d0092940_10103783.jpg
ちょっと泣いたけど、嫁が用意したお菓子やシールブックでほぼ機嫌は良好。
快適に現地に到着。最後の最後気流の乱れで揺れたものの不安がることもなかった。

空港は以前の印象とは全く違う近代デザインへと建て替わっていた。そこから、レンタカー会社のハイエースに乗って、レンタカーを調達。ノートを貸してくれた。新車の匂いが残る車体。すべての操作が軽過ぎてハンドル切り過ぎ、ブレーキ踏み過ぎアクセル踏み過ぎの荒い運転になったがすぐに順応できた。オデの運転センスがハイレベルにあるということだろう。

ナビに新潟の家の電話番号を入れ、走り出す。助手席の母は「この川沿いだろう」とか「まっすぐだろう」と根拠のない道案内をするのでイライラする。母は私より新潟に来ていないのに。

ナビがなかったら絶対たどり着けないと思ったがナビがあるとあっさり着いてしまう。

途中ホームセンターで墓の花を買ったりしたので少し遅くなった。それを心配してかおじさんは家の前の道で待っていた。
80過ぎそれも半ばを過ぎているようにみえない歩き方。やはり現役で仕事してると違う。

20年近くブランクが空いたが家の印象は変わらず。傷んでいるようにもみえない。
おじさんおばさんいとこも変わらず元気である。おばさんが腰が曲がって歩いていたが喋った感じは80歳超えとは思えない。おじさんはそもそも寡黙。喋っても3割ほどは何を言っているか聞き取れないことがある。方言は意識して我々に合わせてくれているもののそんな調子である。

家の裏手の田んぼの中にある一家の墓に手を合わせて、近況報告やら地震のことやら。
家の隣には亡くなった父の同級生もいるのでそこへも顔を出して軽くトーク。

娘はおじさんが朝から見つけた蛇を見せてもらったりおばあちゃんとセミを見たり鬼灯(ホオズキ)を取ったりして楽しかったみたい。

昼過ぎに予約してくれた店へ。海鮮丼も惹かれたが「ケンミンショー」で見た「タレカツ丼」をセレクト。ラーメンがセットされているなかなかのヘヴィー級。

d0092940_10114998.jpg
見た目は何にもかかっていないかのようなやや小ぶりのとんかつが4枚は乗っているだろうか。タレはうなぎのタレのように甘くご飯にあう。

とんかつは、肉を叩いて柔くしてあって、衣も細かいパン粉。タレが絡んでおりました。
ラーメンは醤油味。醤油味のラーメンはここ数年熊本でも店が増えたが私が小学生だった時、新潟で父と食べた醤油ラーメンは「薄くて味がなくてなんぢゃこれ」と思ったものだけど、大人になった今はあっさり醤油味のラーメンはなかなかだった。

店から再び家へ戻り、記念に写真撮ったりして、またいつ会えるかわからないけど挨拶をして家を後にした。

おばさんといとこは車の近くまで、きて見送ってくれた。
寡黙なおじは玄関先に立って見送ってくれた。

つづく。



[PR]

by markyworks | 2017-08-28 14:51 | Comments(0)


<< 新潟へ 2      うつくしいひと サバ? >>